人材採用にお困りの
人事担当者様へ

自社の理念や価値観に強く共感し、長期間働いてくれる理想的な人材を「採用パッケージ」で、採用してみませんか?


これらの問題を解決しなければ、自社を発展させるために必要な良い人材を採用することができません。


反対に人材不足が引き起こす様々な悪影響が、会社を倒産させてしまうなんてこともありえます。


そもそも、なぜ現在のような「人手不足」の時代になってしまったのでしょうか?

深刻な人手不足の時代

今現在、大多数の企業が求人採用に悩まされています。


例えば、2025年までに現存する中小企業の127万社が、後継者不足のため廃業するというデータが発表されているほど、人手不足は深刻化しているのです・・・


一般的には人手不足の原因が「少子高齢化による労働人口の変動」と言われていますが、一概にそうとは限りません。なぜなら、人手不足の原因は求職に関する価値観の変化や、特定企業への雇用集中採用時のミスマッチなど様々な要因があるからです。

他にも、求人手法が紙媒体からインターネット上へと移ったことで、大企業を含む全国の企業と、優秀な人材の取り合いが始まりました・・・


ただ、中小企業の場合は大企業と比べると、求人採用に掛けられる広告費の面で圧倒的不利なことは明白です。


このように、世の中の環境が変わることで起きる「人手不足」にも悩まされますが、すぐに対処できる問題ではありません・・・


なので、今は人手不足を克服することができるかもしれない「求人採用時の3つの悩み」を解消することが、企業にとって最優先事項というわけです。

求人採用時における3つの深刻な悩み

大多数の企業が実施する求人手法は、求人ポータルサイトや求人誌が一般的です。


ただ、求人ポータルサイトや求人誌は、本当にあなたの企業に適している求人手法なのでしょうか?

もしかすると「元々上司が使っていた方法だし、たまに採用できるからなんとなく利用し続けている」といった理由だけで運用していませんか?

それ以前に、人事担当者が求人ポータルサイトや求人誌以外に、採用する手段を知らないケースもあります。

ちなみに、広告会社や掲載期間にもよりますが、ある求人ポータルサイトに一ヵ月間求人募集をすると、約100万~150万円ほど費用がかかるそうです。

ご存知の通り、求人採用する際には膨大なコストがかかります。掲載期間中に採用できれば良いのですが、もし採用できなければ広告費を丸ごとドブに捨てることになりかねません・・・


いくら人手不足だからといって、あまり成果が出ない求人手法を続けるのは避けた方が良いでしょう。いつかは求人広告を掲載する費用が支払えなくなり、人材不足が悪化し最悪の場合、人手不足倒産になる可能性も・・・

数少ない応募者の中から、面接をしたり内定を出したりすることもあるでしょう。


そこで問題なのが、面接後・内定後に突然辞退するケースです。

辞退した理由は、実際に面接することで企業の雰囲気や価値観が、求職者の求めるイメージと違っていたケースが考えられます。


また、面接時も好感触で、お互い納得し合った上で内定を出したが、突然辞退をされるケースもあります。
その理由は、面接時に話していた内容と希望していた勤務先や部署が違っていたり、給料や休日数が異なっていたケースです。


他にも、求職者が別の企業へ就職すると決めた場合、断りを入れるなんてことも。


面接や内定を出すまでに、貴重な時間や労力、膨大なコストをかけているのに、このような結末を迎えることは絶対に避けたいですよね?


というわけで、面接後や内定を出した後の辞退をどう食い止めるかが、求人採用における重要なポイントとなります。

一般的な中小企業の人事担当者は、通常の実務をしながら求人採用を兼務しているケースがほとんどです。つまり、求人採用に時間を割けば割くほど、人事担当者に負荷がかかるというわけです。


このように、求人採用に時間を割けれない理由から、仕方がなく膨大な広告費を支払い、求人ポータルサイトや求人誌に広告を掲載しているのでしょう・・・


ただ、広告掲載したことで人材を確保できていれば問題ありませんが、実際のところ成果はでているのでしょうか?

「かなりの予算をつぎ込んでいるのに、応募者がまったく来ない・・・」

「通常業務の後に、サービス残業してまで求人採用の準備って・・・」


もしかすると、人事担当者はこのような状況に陥っているかもしれません。
人手不足で困っているのは分かりますが、人事担当者への長時間労働や経営悪化による賃金の低下が起きると非常に危険です。

なぜなら、人手不足を解消するつもりが、今まで働いてくれていた従業員が、労働環境の悪化を理由に退社するかもしれないからです。

この負のスパイラルが続くと、いずれ働き手がいなくなり人手不足倒産する可能性が出てくるでしょう・・・

ここまで求人採用における悩みを3つご紹介しましたが、該当するお悩みはありましたでしょうか?


もし、一つでも当てはまるのであれば、求人採用の悩みを解消する「直採用パッケージ」を導入することをオススメします。


それでは
採用パッケージ」を導入すべき3つの理由をご紹介します

採用パッケージ】を
導入すべき3つの理由

求人手法の違いや効果が分からず、膨れ上がる採用コストに悩んでいた人事担当者様へ。


もう求人手法で悩むことはありません。
なぜなら、採用専門自社サイトとIndeedを活用すれば、無駄なコストを大幅に削減できると判明したからです。
※状況によりGoogleしごと検索を併用


その根拠として、【採用パッケージ】にて使用する、採用専門自社サイトとIndeedの特徴をご紹介します。


このように「採用パッケージ」を導入すれば、自社の理念や価値観に強く共感し、長期間働いてくれる理想の人材を、無駄なコストをかけずに採用できるのです。

採用のミスマッチとは、企業側が良い人材と認めた求職者が、面接後や内定通知後、または入社してから半年や一年で、退職してしまうケースのこと。


もし、採用のミスマッチが起きてしまうと、企業は計り知れない損失を受けます。
具体的には、優良人材の採用計画の策定、求人手法の選定、広告掲載、書類選考、面接準備&実施、合否審査、内定後のケア・入社後の教育など、全ての工程に掛かったコストが全て無駄となるのです・・・

これらの損失を未然に防ぐには【採用パッケージ】の特性を活かすことで、採用のミスマッチを解消することが可能となります。


それでは、採用パッケージが採用のミスマッチを解消できる根拠(特徴)を、簡潔にご説明させて頂きます。
ちなみに、採用のミスマッチを解消する上で、一つの共通点があります。


それは、応募する前の求職者を、企業側が望んでいる良い人材かどうか「選抜」していることです。

「選抜」とは、例えば企業がどのような理念、価値観をもって働いているかを伝えた上で、求職者に応募させるということ。


さらに具体的に説明するなら、採用専門自社サイトに組み込んである「代表者インタビュー」や「社員インタビュー」等のYouTube動画を見てもらい、実際に会社で働くとどうなるかを求職者に「追体験」させ、応募するかどうかを選ばせるのです。
他にも、基本的な募集要項である仕事内容や、勤務地、勤怠時間、福利厚生だけでなく「職務記述書」を記載することで良い人材を選抜することが可能です。


つまり、企業側が応募者に対して「自社はこんな企業です。なので、同じ志をもち長期間一緒に働いてくれる人だけ応募して下さい」と、間接的に訴えかけていると同じなんですね。

その結果、面接後や内定通知後、そして入社してから数年経っても退社せず、長期間働いてくれる人材のみ応募してくる可能性が高くなるというわけです。

【見本YouTubeチャンネル】
ウズカレch【就活/転職情報をあなたに!】by UZUZ

採用専用自社サイトに使用する「代表者インタビュー」や「インタビュー動画」の動画は、自社専用のYouTubeチャンネルに格納します。

その他にも「お客様インタビュー」や「自社の商品・サービスを紹介する動画」も、同じYouTubeチャンネルに格納するようにしましょう。


その理由は、YouTubeチャンネルに動画が増え、YouTubeからの評価が高くなることで、GoogleやYahoo!の検索に上位表示される可能性があるからです。


動画が上位表示されるという事は、自社に興味をもった求職者が、自社に関する多くの動画を見てくれます。その結果、広告費をかけなくとも、人材が確保できてしまうこともあります。

以上の要因から「採用パッケージ」では、自社専用のYouTubeチャンネル作成、求人に関する動画を投稿、自社ブランディング化のサポートしています。
自動面接システムとは、「LINE公式アカウント」の自動応答メッセージ機能と、遠隔でビデオ通話ができる「ZOOM」を掛け合わせたシステムです。

大まかな流れとしては、Indeedを経由し採用専門自社サイトに訪れた求職者に、LINE公式アカウントに登録してもらい、自動応答メッセージ機能を活用し、ZOOM面接日を自動で調整するという流れになります。

この一連の流れを構築すると、実際に面接するまでほとんど手間がかかりません。このように、面接までの流れを自動化することで、通常業務と求人採用を兼務している人事担当者の負担を減らすことができます。


それでは、この自動面接システムを導入することで、どんなメリットがあるかご紹介します!
今まで人事担当者の方は面接の日程を決める際、主にメールで日程調整をしていたと思います。


確かに就職・転職活動をする上で、メールアドレスは欠かせない連絡ツールの一つですが、今現在の求職者が私生活において、普段からメールを頻繁に使用しているのでしょうか?


おそらく、使用する機会はほとんど無く、限られた場面しか使用されていないと思います。なぜなら、現在ではメールの代わりの連絡ツールとして、LINEが使用されるよう世の中が変化してきたからです。


LINEはもはや「生活のインフラ」として定着しており、今では月間8,100万人以上(日本人口の約64%以上)に利用されています。

採用パッケージ」ではこのLINEの機能をフル活用し、求職者との面接日を自動で調整することが可能です。※この機能はオプションです。

また、面接の手段として「ZOOM面接」を導入することで、時間や場所の制約が無くなり、人事担当者の負担を減らすことができます。

採用パッケージ】の一連の流れ

①Google検索&Indeed検索から採用専用自社サイトへ移行
※介護士 名古屋市で検索

※Google検索結果

※Indeed検索結果

②採用専用自社サイトにて各コンテンツを確認

採用専用自社サイト

企業が社会において、何のために活動しているのかという社会的な存在意義を伝えるコンテンツを設置すること。

また、求職者が自社で働くことの魅力を伝え、求職者の共感を喚起するためのコンテンツを設置すること。


代表者メッセージ

企業理念自社の価値観を、明確に表現できるようなメッセージにすること。

この会社で働くことで、社会にどうやって貢献していくかを伝えるようにしましょう。

また、求職者に共感してもらえるようなストーリーを伝えることが重要です。

社員インタビュー

インタビュー動画では、実際に働いている社員の表情雰囲気をリアルに表現することができます。

また、求職者に働くイメージをもってもらい、あたかも会社で働いているような追体験をしてもらうことが可能です。

③LINE公式アカウント登録後からZOOM面接までの流れ

LINE公式アカウント
登録

採用専門自社サイトを見てもらった後には、LINE公式アカウントに登録してもらいます。

登録することで、自動で右図の「あいさつメッセージ」が届きます。

また、気軽に問合せできることも伝えておきましょう。

あいさつメッセージ

採用専門自社サイトにて、LINE公式アカウント登録をした直後に送付されるメッセージです。

メッセージの中には、事前に作成した【面接までの流れ】の動画を配置しておきます。

そうすることで、面接に関する内容を詳しく伝えることができるので、問い合わせや伝え忘れが少なくなります。

自動応答メッセージ

ZOOM面接の日程を決める為に、自動応答メッセージを活用します。

色々と面接の日程を決めるパターンがあるので、各人事担当者の方のやり易いように、自動メッセージを設定しましょう。

注意点としては【ミーティング ID】が最新になっているか確認しておきましょう。

④ZOOM面接から本面接へ